今日は キッチンをリフォームされるお客様と 久留米のLIXILショールームに行ってきました


風の当たらない車内は 汗がにじむほどの暖かさで 春の到来を感じましたが

今日は風が冷たかったですね


いつもは運転手ばかりですが 今日は助手席に乗り ゆっくり景色を楽しみながら お客様とお話を楽しませていただきました

gaikan_lixil_kurume
少し道を間違えてしましたが


無事に到着



早速ショールームの方にご案内いただき 目的のキッチンへ

P3140001P3140002







お客様のご希望で ペニンシュラ型キッチンを見学しました


ご夫婦二人の生活だから 食事はキッチンカウンターで済ませたいとのことで カウンター付きのキッチンの説明をしていただきました

P3140003
 






キッチンと一言で言っても 収納の形や ワークトップやシンクの素材 扉の色 水栓の種類や形など 決めることがたくさんあります


キッチンの高さも 平均が85㎝なのですが お客様のご希望は高め


しかし実際に85㎝ 90㎝と立たれてみると 皿洗いなどシンクに立つ分は90㎝がいいけど ワークトップやIHに立つときは85㎝が良かったそうです


年々お年を召すと身長も縮んでくるみたいだし 調理の方を優先したいということで 85㎝に決定されました

P3140004
 キッチンの扉の色も たくさんあり 新しい床色との融合 キッチンのワークトップとの色合いなどを考えられながら 選ばれました





キッチンの説明のあっている時間 ご主人は


一緒に聞かず 他の商品を見学してありました


理由をお聞きしましたら キッチンに立つのは奥様だし 自分が口をはさむと 今以上に悩んでしまうだろうから


なんと優しいご主人だろうと 感心してしましました



キッチンは 毎日 使う場所です

お手入れが簡単で 少しでも使いやすく 自己満足でも 自分の好きなもの 好きな色 好きな素材で選ばれることが 大切かなと感じました


長い付き合いになるキッチン 


是非実際に見て 触れて 感じて 満足いくものを選んでいただきたいと思います



最後に 

P3140005

壁にそびえたつ モザイクアート

すべてタイルです



このモザイクアートは 各ショールームで違うそうです


その土地に因んだもので作成されています


皆さんも キッチン お風呂など 水まわりのリフォームをご検討されるときは 是非ショールームまで足を運んでみられてはいかがでしょうか