まだ暑い日もありますが、すっかり秋の気配を感じます
朝晩は冷え込んだり、毎日の気温の変化についていけず
体調を崩されている方も多いようです


皆さんは衣替えはお済みですか?
我が家は夏物は少し片付け、秋物も出しつつ・・・
・・・片付かない状態です

今回は衣替えについて、お役立ち情報をお伝えしたいと思います



                      


お庭のハーブやリフォームの際に使った木材が虫よけになることを御存じですか?

ヒバ材は、防虫・防カビ、防臭の効果があると言われており、
ヒバの木片を小さな ※サシェなどに入れて洋服と一緒に保存すれば、虫除けの効果があるんですよ。サシェ


家庭でも栽培できるゼラニウムやローズマリーも乾燥させると衣類の虫除け効果を発揮します。

 


チェック!

衣替え三原則


※衣替えの際は、次の3点に気をつけて行いましょう!

①汚れをしっかり落とす!

食べ物のカスやシミなどは虫食いのもと。一度でも着たものは、
キレイに洗濯をしてからしまうのが基本です。


②虫干しして湿気をよく取り除く!

虫やカビは湿気が大好きなので、よく湿気を払ってからしまいましょう。 虫干し1
また、クリーニングから戻ってきたら、
必ずビニールをはずしてから
しまいましょう。


③虫除けを入れる!

市販の科学防虫剤を使用する場合、
気化したガスは空気より重いため、衣類の上に置くのがポイント。
異なる種類の防虫剤を一緒に使うと、衣類にしみがつく恐れがあるので
避けましょう。ハーブやヒバ材の虫除けは約3カ月毎に取替えましょう。