衣替え&衣類収納のコツ

5月になり、汗ばむ陽気の日もあれば、風が強く少し肌寒く感じる日もありますね
そんな時は着るものにも悩みます

半そでをひっぱり出して着たり、少しずつホームクリーニングをして片付けたりしていますが
季節の変わり目になると気重になる衣替え

衣替え&衣類収納のコツについて少し調べてみました。


コツ1    チーム分け

いま着たい服が見つけやすいよう、シーズンで大まかに分けてチームをつくります。
チームごとにひとまとめにしておくと、衣替えをするときに塊ごとに入れ替えができて、服の混在を最小限にくい止めることが可能。
チームごとに収納ケースを割り当てておくとさらに重宝します。
 

真冬の厚手服チーム     
            illust3432thumb  
真夏にしか着ない服チーム

秋冬の薄手服チーム

春夏の薄手服チーム



コツ2   入れ物のセレクト


チームごとにしまうための入れ物は、たくさんしまうという目的で選ぶ前に、使い勝手を優先します。
整理ダンスのような家具を置いて衣類を整理するとは限らない昨今では、部屋やクローゼットのサイズに合った入れ物であることも大事です。

出し入れのしやすい引き出し式は着る頻度の高いアイテム向き

浅い引き出しは、下着やソックスなど小さなアイテム向き

深い引き出しはTシャツやニット、ジーンズなどのアイテム向き irasuto_6

シーズンオフの衣類はフタ式でもOK

積み上げるなら頑丈なプラスチックケース

透明のプラスチックケースは中身が見えて安心
 
高い場所にしまうなら紙製か布製の軽量ケース

押入など奥行きのある場所にしまうならキャスター付き

同じ型の引き出しケースを揃えておけば、中身の引き出しを入れ替えるだけなので、よりいっそう衣替えが簡単です


コツ3   潔く処分

住む家や部屋のスペースで、しまえる服の量は限られています。
衣替えの時に、「去年は収まったのに今年は入らない!」という困った事態になる人も多いはず。
そこで新たな収納ケースを買い足すと、入れ替える服の数が増えるばかりです。
服の絶対量を決めて増えたら処分するというのが、素直な解決策ではないでしょうか。
捨て時の目安を参考にして早速実行しましょう

今シーズン、とうとう着なかった
irasuto_7
過去3年ほど着た覚えがない

サイズが合わなかった

すでに流行遅れになっている

キズや型くずれなど見た目の劣化が明らか

捨てるには惜しいし価値のある服は、フリーマーケーットやリサイクル店に出すのもいいですね









《参考URL》
・All About 「衣替え&衣類整理のラク・コツ3則」 (アクセス日:2012/5/7)
http://allabout.co.jp/gm/gc/1578/

防蟻キャンペーン開催中!

皆さんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか

5月といえば、シロアリのシーズンでもあります。
シロアリは1年中いますが、この時期一番活発になります。 
ant_L
            
                                       
 2つ以上思いあたれば要注意    

最近、近所でシロアリの防除工事を実施した家がある。

“羽アリ”を近所や家の中で見かけたことがある。

廊下等の床に“ブカブカ”するところがある。

柱等の木部を叩くと“空洞音”のするところがある。        untitled

最近、雨樋・雨戸が傷んできているように思う。

増改築を行なったことがある。(または、行う予定がある)

庭の木杭等にシロアリによる被害がある。

雨漏りをしている箇所がある。

最近浴室等水回りの入口敷居が“ギシギシ”きしむようになった。


今村組では、シロアリの繁殖するこの時期に、住まいのシロアリを一気に根絶し
安心して暮らせるように床下無料調査を実施しています


  ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

      シロアリ駆除・予防 


           通常料金の 10%OFF !!
                       

       5月1日~6月30日まで

   ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


  創業63年  リフォーム工事年間450件

  確かな技術と豊富な実績の今村組だからこそできる
 
     安心施工です

     お気軽にご相談下さいね
 フリーダイヤル0120-296140

紫外線対策!

そろそろ紫外線が気になる時期ですね
特に、UV-Aは5月頃が最も多いといわれています。

そこで今回は紫外線に関するお役立ち情報をお届けしたいと思います



昔は、子供は夏になると、日焼けした小麦色の肌が健康のシンボルみたいなイメージがありましたが、紫外線(UV)の影響が明るみになった最近では、いかにして赤ちゃん、こどもを紫外線から守り、日焼けさせないようにするかを考えなければなりません。  
uv_illust1



紫外線は「しみ・しわ」の原因になるだけでなく、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚癌、白内障(目の病気)の発症率を高め、皮膚の免疫力を低下させ感染症になりやすくなる、とても恐ろしいものなのです


まず紫外線を防ぐために必要な物は、1つ目に、日焼け止めクリーム、2つ目、日傘や長袖の服、3つ目は、帽子、サングラスです。


日焼け止めクリームの塗り方


毎日の通勤や通学の時に浴びる日差しでも、紫外線貯金箱がいっぱいになると、
シミが出来始めるようになります。          %E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88
ですから、日焼けを起こすほどの日差しではなくても、必ず日焼け止めは塗ってください。
洋服から肌が外に出ている部分には、日焼け止めをすべて塗るような気持ちでいてください。
大切なポイントとして、2~3時間での塗りなおしをお勧めします。
朝と昼に、塗るようにするとより効果が得られます。


日傘、長袖の服を着用する


長袖の服を着る場合、ポリエステルか綿素材の目の詰まっているものを選びましょう。
長袖でも網目が大きいと、そこから紫外線が通過して日焼けをおこしてしまいます。
日傘も大きいもので、しっかりと身体をかくしてくれるものがいいですね。
衣類や繊維に紫外線防止加工がされているものがあるので、紫外線を防止するには有効です。



帽子、サングラスを身に付ける


帽子をかぶると、約20%、サングラスで約90%の紫外線をカットすることができます。
紫外線は、皮膚からだけでなく、目からも吸収します。
外に出る時は、まぶしいからだけでなく、紫外線対策として、是非サングラス着用を心がけてください。紫外線



紫外線は、雨の日でも、曇りの日でも、たとえ外にいる時間が短かったとしても、量の違いこそあれ降り注いでいることに変わりはありません。
晴の日の紫外線量を100%とすると、雨の日でも20~30%はあるといわれます。

美容のためだけでなく、肌の健康のためにも紫外線対策をしていきましょう



記事検索
QRコード
QRコード