台風に備えて、早めに家の安全点検を!

今年は竜巻の被害を聞くようになり、また台風も来ています
今までなかった雨漏りが発生したり、風で飛ばされたモノで隣の家の窓を壊してしまった例もあります。
そんな被害を避けるために、家の安全点検をしましょう
ポイントを絞ってご紹介します。


台風前の安全点検①
雨戸やスダレなど、窓まわりをよくチェックしましょう!
台風の時は、風が巻き上げるように吹くことがあり、意外なモノが飛ばされてしまうこともあります。

【台風前の安全点検 - 窓まわり】
・雨戸にがたつきが無いか確認する
・オーニングや外付けブラインドの留めを確認する
・緑のカーテンはシッカリ留め直し、シーズンが終わったら早めに取り払う など

雨戸のガタツキは調整できることもありますので、リフォーム業者に見てもらいましょう。他にも面格子と窓のスキマに置いてあった鉢植えや、外れかかった網戸が飛ばされた例もあります。見逃しているモノが無いかしっかりチェックしましょう。

台風前の安全点検②
屋根瓦や板金、雨どいなどをよくチェックしましょう!
意外に多いのが屋根板金が飛ばされたというもの。中で芯になっている木材が腐食していると釘が抜け、風で飛びやすくなります。

【台風前の安全点検 - 屋根・雨どい】
・屋根瓦にズレや割れ、欠けが無いか確認する
・漆喰が崩れていないか確認する
・雨どいが外れやすくなっていないか、詰まりは無いか確認する
・高所の点検は必ず専門業者に依頼する

ここ10年ほど屋根点検をしていないという家は、できるだけ早い時期にリフォーム業者に点検を依頼しましょう。また屋根瓦のズレ、ヒビがあると雨漏りの原因になったり、瓦が飛んでいくこともあります。

台風前の安全点検③
外壁のヒビやコーキングの劣化をよくチェックしましょう!
台風の雨漏りは屋根からしているとは限りません。巻き上げる風で、普段は入らない外壁面から雨水が侵入し、台風が来たらいきなり雨漏りが始まったという家も多いのです。

【台風前の安全点検 - 外壁】
・外壁にヒビ割れが無いか確認する
・バルコニーや庇、サッシや雨戸などの取り付け部に劣化が無いか確認する
・電線や配管差し込み部に劣化が無いか確認する

電線を通すために開けた穴のスキマを埋めたコーキング材が劣化し、電線を伝わって雨漏りしていた例もあります。

トイレのリフォーム

先日完了した、トイレのリフォームをご紹介させていただきます

以前に一度、改装されたそうなんですが、あまり気に入らないと言う事で
今回、工事を依頼されました

   before     
    
P3260005




 



  after 
P8020046










  


また、今回のリフォームで「エコカラット」という呼吸する内装壁材を使用しています。

P8020051エコカラット」とは
粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材です。
エコカラットの微細な孔は湿気を吸ったり吐いたり
するのに適した大きさに設計されていて室内の湿度
が高くなると、この孔が湿気を吸収して湿度を下げ、
逆に湿度が低くなると湿気を放出して潤いを与えます。




またイヤな生活臭を軽減し空気環境づくりを助けます。
エコカラットは、悪臭の原因物質を吸着し、お部屋の空気をさわやかに保ちます。
珪藻土よりも優れた脱臭能力を発揮します。


この材料を使う事によって、トイレのアンモニア臭を軽減するのはもちろんですが
部屋のアクセントにもなり、ワンランク上のリフォームになったような気がします

トイレじゃなくて、お部屋に居るみたいで、すごく居心地が良さそうですね






















寝苦しい熱帯夜もグッスリ!

猛暑で夜も暑さによる寝苦しさが続いています
それでは、スッキリ目覚めたくても、寝不足で気分が晴れなかったり、夏バテを起こしやすくなってしまいます。
熱帯夜でもぐっすり眠れる方法を実践して、気持ちのいい朝を迎えましょう!

ポイントをまとめると
1.ベッドは朝日が入る東窓から離す。
2.カーテンを厚めにして光と暑さを防ぎ、早朝覚醒を防止する。
3.パジャマや寝具は吸湿性や放湿性にすぐれた夏用のもの
  (敷布団や掛け布団だけでなく枕も通気性のよいものに)に替える。
  昔からいわれるように、お腹だけは冷やさず、”頭寒足寒”で眠ること。
4.寝る前に寝室の熱気をとる。窓には簾をして直射日光をさけ、窓を開けるなどして
  通気をよくしておくのが理想ですが、こもってしまった場合は、はじめはエアコンを
  低めの温度に設定し、扇風機も併用して、熱や湿気をしっかりとるのがポイント。
  マンションなどは壁に熱がこもるので扇風機などは壁にあてるとGOOD。熱気が
  とれたところでエアコンを26℃くらいに設定する(ドライをうまく使って湿度を下げて
  おくと、温度をあまり下げなくても眠りやすくなる)。
5.観葉植物を置く(大きめの観葉植物があると熱気や湿気をとってくれる効果があ
  る)。
6.エアコンのタイマーを2~3時間に設定する(1時間で切れると、深い眠りに入る前
  に暑くなってしまい、目が覚めやすくなるため)。


以上のことに気をつければ、熱帯夜でも快適に眠れるようになるはずです。寝苦しい熱帯夜もぐっすり眠り、翌朝気持ちよく目覚めましょう
QRコード
QRコード